キャピキシルの育毛成分と育毛効果【まとめ】

キャピキシルは育毛業界話題の新成分

育毛業界は次々と新成分・新商品が発売されていますが、ここ最近の育毛業界で一番話題の成分といえばキャピキシルです。

育毛業界でここまで話題になるのは、ミノキシジルがリアップに配合された時以来ではないでしょうか。
ミノキシジルはその後、育毛には欠かせない育毛期待度が非常に高い成分として広く知られるようになりましたが、キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果として育毛業界で話題の成分です!

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発された、成長因子と植物エキスのプレミックス原料です。プレミックスとは目的の為に混合したもので、キャピキシルは育毛を目的とした成分です。



AGAに効果的なキャピキシルの育毛成分

キャピキシルはアカツメクサ花エキスアセチルテトラペプチド-3を主成分としています。2つの育毛成分を少し詳しく説明してみます。

アカツメクサ花エキス

イソフラボンの一種であるビオカニンAを多く含んでいます。
このビオカニンはAGAの原因となる5αリダクターゼを抑制する効果があることが分かっています。
結果的にAGAによる抜け毛を防ぐプロペシアと同様の効果が期待できる育毛成分です。

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまう働きがあります。
このジヒドロテストステロン(DHT)がまだ抜ける段階でない髪のサイクルまで乱して抜け毛を増やしてしまう、つまり「抜け毛生える毛」となることで薄毛になってしまうんですね。


アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は4種のアミノ酸から構成されていて、極めて強力な細胞外マトリクスの修復作用を持つと言われています。
髪の毛の基になる毛母細胞が集まっている毛包に直接働きかけて、毛乳頭などの働きを良くします。

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という2つの育毛成分の相乗効果が、キャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれる所以です。



キャピキシルの育毛効果

アカツメクサ花エキスによるプロペシアと同様の抜け毛抑制効果とアセチルテトラペプチド-3による毛乳頭の活性化で、キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われていますが、キャピキシルの育毛効果がすごいのは継続使用すればするほど大きな育毛効果になると言えます。

キャピキシルを配合した育毛剤をBとすると、育毛剤Aとの育毛効果の違いは使用を継続すればするほど大きくなっていきます。

キャピキシルの育毛効果

実際の育毛剤の成分濃度などを無視した極めて簡単なモデルですが、育毛剤を選ぶ時にキャピキシルが入った育毛剤は大いに期待できそうですね。


キャピキシル配合の育毛剤

話題の成分だけあって、キャピキシルが入った育毛剤は幾つか販売されています。
その中でも、最もオススメなのが育毛エッセンス「deeper 3D」です。
これは私も使っている育毛剤です。

キャピキシルの配合濃度が高いDeeper3D

キャピキシル
キャピキシルの育毛効果について説明してきましたが、肝心なのは育毛剤に配合されている濃度ですよね。

Deeper3Dはキャピキシルが5%配合されています。
キャピキシルがしっかり配合されているかどうかは原料メーカーから提供されるエンブレム(右画像)などを確認しましょう。

Deeper3D
Deeper3Dは「実際に使って感じた育毛剤実力ランキング」で1位になっています。
高い育毛効果が期待できるキャピキシル、8種類の成長因子を配合した抜群の発毛期待度の育毛剤です。
 
 ⇒Deeper3Dを詳しく見てみる




6/20追記 Deeper3Dを超える?ボストンスカルプエッセンス

Deeper3Dと同じくキャピキシルを5%配合し、さらに注目の新成分「ピディオキシジル」を配合した育毛剤ボストンスカルプエッセンス。
私も今はボストンスカルプエッセンスを使っています。

ボストンスカルプエッセンス
ボストンスカルプエッセンスはキャピキシルに加え、ミノキシジルとほぼ同じ分子構造をしているピディオキシジルまでも配合された今最も注目されている育毛剤です。
 
 ⇒ボストンスカルプエッセンスを詳しく見る





↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ