フィナステリド、プロペシア、フィンペシアの違いと副作用

フィナステリドとプロペシアとフィンペシアの違いと副作用

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアの違い

このブログではAGA治療薬といえばミノキシジルとプロペシアと書いています。
ミノキシジルはともかく、AGA治療薬を解説しているブログやホームページなどではフィナステリド、プロペシア、フィンペシアと様々な呼び方がされます。
これらの違いについてまとめてみます。

フィナステリドとプロペシアの違い

フィナステリドとプロペシアは同じです。
正確に言えば、フィナステリドはAGAを防ぐのに有効な成分で、このフィナステリドを主成分としている商品の商品名がプロペシアです。

プロペシアとフィンペシアの違い

簡単に説明すると、フィンペシアとは、プロペシアのジェネリック医薬品です。
同一成分で同様の育毛効果が期待でき、価格ははるかに安く販売されています。

正確に言うとジェネリック薬品ではありません、
プロペシアは特許を取得しているのでジェネリック医薬品をつくることができません。
しかし、特許権が適用されないインドで製造することで同じ成分で薬(様はジェネリック薬品ですね)をつくることができます。法の抜け道みたいですね。

厳密に言えば多少の違いはありますが、私たちが求める育毛効果としては同じと考えていいと思います。




フィナステリド(プロペシア)の育毛効果

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアの育毛効果は同じですが、勘違いするケースが多いのでまとめてみます。
フィナステリド、プロペシア、フィンペシアは髪を生やす育毛効果があるわけではありません。髪を生やすのはミノキシジルの効果です。

フィナステリドはテストテステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくのを妨ぐことにより、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えることで、AGAによる抜け毛を防いでくれます。


フィナステリド(プロペシア)の育毛効果

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアの副作用リスク

私はプロペシアを飲用してAGAによる薄毛を改善しましたので、プロペシアは効果があると断言できます。しかし効果がある反面、副作用などのリスクあります。

副作用:性機能、子作りへの影響

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアの副作用としてよく挙げられるのが性欲減退・勃起機能の低下などですね。
ただ、これらの副作用が出るかどうかは個人差があり、1~2%程度とも言われています。事実私はこの副作用を全く感じませんでした。

しかしフィナステリドは、女性や未成年者の服用が禁じられていますので、子作りを計画されている方は医師に相談するか一時的に服用をやめた方がいいですよ。



【副作用のリスクを避けたいへ】
キャピキシルの成分であるアカツメクサ花エキスは、ビオカニン(イソフラボン)を多く含み、悪玉男性ホルモンを生成する酵素5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

Deeper3Dこれはプロペシアと同じ効果が期待できます。
しかもキャピキシルには副作用がありません。

育毛業界が注目する新成分キャピキシルを5%と高配合しているのがDeeper3Dです。
私もずっと使っていて、実際に使って感じた育毛剤実力ランキングでも1位にしている育毛剤です。

>>Deeper3Dで髪を生やした人の体験談を読む



その他のプロペシアと同様のはたらきをして、副作用の心配がない育毛剤はこちら。

副作用の心配がない育毛剤





【私が使って髪を生やしたオススメできる育毛商品・AGA治療薬】

AGA治療薬 育毛剤① 育毛剤②
プロペシア&ミノキシジル 育毛エッセンス「deeper 3D」 育毛剤チャップアップ
プロペシア&ミノキシジルならAGAスキンクリニックが業界最安値。 スカルプケアは成長因子の時代に突入。育毛エッセンス「deeper 3D」
髪が乾いた状態で使えるのが便利。医薬部外品の育毛剤チャップアップ



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ