ボストン スカルプエッセンス【キャピキシル+ピディオキシジルの物凄い育毛剤】

Deeper3Dを超える?話題の育毛剤ボストン スカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンス

新たにすごい育毛剤が発売されました。
サプリメントで有名なBOSTON(ボストン)の育毛剤です。
ここ最近はDeeper3Dを使い続けていたのですが、成分が非常に素晴らしいので、ボストンスカルプエッセンスを使ってみようと思います。
これはかなり期待できますよ!


ボストンスカルプエッセンスに配合された注目の成分

育毛業界は本当に日進月歩というか、次々に新たな有効成分が発表されています。
今回のボストンスカルプエッセンスには3つの注目成分が配合されているんです。

キャピキシル5%配合

ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われるキャピキシルが配合されています。
キャピキシルといえばDeeper3Dですが、ボストンスカルプエッセンスにはDeeper3Dと同じく、キャピキシルが5%配合されています。

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を主な主成分にしていますが、「アカツメクサ花エキス」はイソフラボンの一種であるビオカニンAを多く含み、AGAによる抜け毛を防ぎます。
「アセチルテトラペプチド-3」は髪を生やす毛乳頭のはたらきを良くします。
 ⇒キャピキシルの育毛成分と育毛効果【まとめ】



ミノキシジルとほぼ同じ構造のピディオキシジル

発毛効果が認められている成分といえばミノキシジルです。
私もミノキシジルタブレットをのんでAGA治療を行い、髪を生やしましたのでミノキシジルの効果は十分に分かっています。

ミノキシジルの分子構造
ボストンスカルプエッセンスには、このミノキシジルとほぼ同じ分子構造をした成分「ピディオキシジル」が配合されています。

左図はミノキシジルの分子構造です。
ピディオキシジルの分子構造は、右図下の六角形が五角形に変わっただけで、非常にミノキシジルに近い分子構造をしています。

肝心の効果ですが、限りなく「ミノキシジル」に近い効果を持っているそうです。


もう一つ肝心なのは、多毛症などの副作用があるミノキシジルと違い、ピディオキシジルには副作用が無いということです。

今までミノキシジルの発毛効果に期待しつつも、副作用のリスクで使用を断念していた方にとっては朗報です。
いや、これは育毛剤業界の超ビックニュースです!

大事だからもう一回書きます。
ミノキシジルと同等の発毛効果を持ちつつ、副作用がない。つまりミノキシジル並の発毛効果が副作用のリスクなく期待できるという事です!



抜群の抗酸化作用をもつフラーレン

髪をつくる毛母細胞も老化します。
毛母細胞の老化=髪を生やす力がなくなるわけですから、何とか細胞の老化を食い止めなくちゃいけません。

そもそも細胞の老化は活性酸素が原因ですが、フラーレンはビタミンCの172倍と言われる抗酸化作用で活性酸素を無効化してくれます。

今まで頭皮の老化(毛母細胞の老化)なんて考えたことなかったんですが、なるほど言われてみればその通り。
キャピキシル+ピディオキシジルだけでも期待十分ですが、ボストン スカルプエッセンスはさらに頭皮環境のケアまで出来ますね。



ボストン スカルプエッセンス注文しました!

Deeper3Dのキャピキシル+8種類の成長因子も捨てがたいですが、ボストンスカルプエッセンスのキャピキシル+ピディオキシジル+フラーレンは凄いですね。

最安値を探してみましたが、ボストンスカルプエッセンスの公式ページが最安値でした。
早速購入しましたので、また使用感をレビューします!

>>ボストンスカルプエッセンスの公式ページはこちら



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ