KM新宿クリニックさん【気になることを質問してみた】

自毛移植手術のことなどカウンセリング中に気になったことを質問しました

自毛植毛のKM新宿クリニックさんの無料カウンセリングをレビューしてきました。
メスを使わないFUERS(ヒュエルス)植毛法の説明、キャンペーンやモニター価格など割引情報も含めた自毛植毛の施術料金についてレビューをまとめてきました。

今回はカウンセリング中に説明を聞いているうちに、ふと疑問に思ったことなどを幾つか質問しましたのでまとめてみます。


移植する株(グラフト)を採取する時は、髪を短く刈り上げる

FUERS(ヒュエルス)植毛法はメスを使わずに移植する株(グラフト)をバキュームで吸い上げます。
従来のように帯状に切り取るのではなく、採取跡が目立たないようにできるのですが、採取する部分を短く刈り込む必要があります。

普段から坊主にしている人は問題ありませんが、普通に髪を伸ばしている人は一部分だけ坊主になるようなものです。ツーブロックのアシンメトリーが少し流行ったりしましたが、あんなもんは若いイケメンに限られます。

ヘアシートを使えば隠せる

ではどうするかというと、ヘアシートという着け毛・ウィッグ的なものを着けて、短く刈った部分を覆い隠します。

KM新宿クリニックさんにはこのヘアシート専門の理容師が常駐していて、髪質に合せたヘアシートの調整から取り付けまで行ってくれるそうです。ヘアシート専門の理容師ですから、綺麗に!目立たなく!仕上げてくれる訳です。

ちなみに基本的に用意しているのは、黒髪の太い、細いの2種類で、それを応用できる方はそれをカスタムして使用するとのことです。
さらに、それ以外の方(髪の色、細さ、クセ等)は髪質に合せてメーカーにその都度オーダーして制作してくれるそうです。

恐らく一番の懸念である「植毛したことが施術後でバレる」という可能性は低そうですね。

image

植毛手術に関する誤解

植毛手術言うと術後の経過も考えると、1週間ぐらい必要なのかと思っていました。
サラリーマンはGW・盆・暮れなどの長期休暇を使わないと難しいかと。

メスを使わないFUERS(ヒュエルス)植毛法の最大のメリットは回復が早いということです。

1週間ぐらい必要なんて誤解もいいところでした。
土日で植毛出来ちゃいます。

  • 基本的に朝一番で手術をして、その日は包帯を巻いて帰れます。病院にちゃんとニットなどの帽子も用意されているそうです。
  • 仕事はデスクワークなら翌日からでも可能。基本的には2日後から出勤できるそうで、ヘアシートを着ければ頭を見られても気付かれないそうです。
  • シャワーは水流に注意して翌日から。但し、ちゃんとシャワーの仕方の指導があります。

自毛植毛をオススメする人

  • 髪が無い、ツルツルの部分を何とかしたい人
  • 生え際に髪を戻したい人
  • プロペシアやミノキシジルが効かない体質の人
  • とにかく早く、確実に髪を生やしたい人



自毛植毛のKM新宿クリニックさんに取材で伺って感じたのでは思っていた以上に自毛植毛が簡単に出来るということ。
一番懸念の植毛に必要な期間は土日で解決できるレベルですし、料金もキャンペーン等使えば以外と安く出来ます。

まださほど薄くなっていない方は不要かもしれませんが、自毛植毛を少しでも考えていらっしゃる人は一度ちゃんと説明を聞いたほうがいいと思います。
しっかり説明を聞いて、サービス・リスク・料金等を比較検討して決めましょう。



>>KM新宿クリニックさんの無料カウンセリング申し込みはこちら




↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ