【夏の育毛】紫外線ダメージで抜け毛が増える?抜け毛の原因と対策

紫外線で抜け毛が増える

紫外線によるダメージで抜け毛が増える原因と対策

紫外線が最も強いのは5月ですが、8月まで紫外線は強いままです。
夏になると海や山へ、キャンプだBBQだと出かける機会も増えますので、紫外線による髪(頭皮)へのダメージは夏の方が深刻です。

この紫外線によるダメージですが、抜け毛の原因になることをご存知ですか?
AGA治療や育毛剤などで薄毛対策をしていても、抜け毛が増えてしまっては効果も半減どころか、薄毛が進行してしまいます。
紫外線によるダメージで抜け毛が増える原因と対策についてまとめてみます。


抜け毛が増える①活性酸素が増える

頭皮や髪の毛が紫外線でダメージを受けると活性酸素が増えます。
活性酸素自体は体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する大切なはたらきがあるのですが、増えすぎると問題です。

活性酸素が皮質と結びつく(酸化)と過酸化脂質となり、細胞を老化させてしまいます。頭皮の老化で頭皮が固くなり、頭皮環境を悪化させてしまうことで抜け毛を増やしてしまいます。


抜け毛が増える②毛母細胞がダメージを受ける

紫外線によって毛母細胞がが傷つくと、髪を生やすはたらきのある毛乳頭がダメージを受けてしまいます。
これによって髪の毛が生え換わるサイクル(ヘアサイクル)が乱れてしまい、まだ抜ける段階でない髪が抜けてしまったり、新たに髪が生えるのが遅れてしまうなど薄毛を進行させてしまいます。

髪が薄い人ほど頭皮を覆う髪の毛が少ないので、頭皮に直接紫外線のダメージを受けてしまいます。薄毛が進行している人こそ、紫外線対策が必須ですよ!

uv_taisaku

紫外線ダメージによる抜け毛対策

紫外線(UV)対策といえば女性化粧品の日焼け止めを思い浮かべますが、我々男性陣は女性に比べて紫外線への対策がほぼされていません。
日焼け程度ならどうでもいいのですが、抜け毛となれば話は別です。
薄毛の人がすべき紫外線対策をまとめました。

紫外線対策①帽子で紫外線を遮断

まずは紫外線を直接受けないことです、。直射日光を避けると考えましょう。
一番手っ取り早いのが帽子です。

アウトドアを楽しむ時だけでなく、ファッションとしても帽子(キャップ)をかぶるようにするといいですね。

帽子選びの基準として、通気性が良いことが第一条件です。
紫外線を避けるけど、帽子の中は蒸れ蒸れなんて事がないように!



紫外線対策②抗酸化作用で活性酸素を防ぐ

活性化酸素によって酸化してしまい、細胞の老化が進むことが問題ですから、抗酸化作用で酸化を防げばいい訳です。

ボストンスカルプエッセンスに配合されているフラーレンは、ビタミンCの172倍とされる抗酸化作用で頭皮の老化の原因となる活性酸素を無効化する働きがあります。
 ⇒ボストンスカルプエッセンスのレビューはこちら


紫外線対策③育毛剤で栄養補給

紫外線に負けない抵抗力を持つには栄養を十分に取る必要があります。
髪を守り、髪が生える頭皮に栄養を補給し、頭皮環境を維持するのは育毛の基本とも言えますよね。
 ⇒実際に使って感じた育毛剤実力ランキング


抜け毛が増える時期は夏の終わりから秋にかけてだってご存知でしたか?
夏の頭皮へのダメージが、夏の終わり~秋にかけて大きな影響が出るからなんです。

夏は育毛にとって大事な時期なんです!




【私が使って髪を生やしたオススメできる育毛商品・AGA治療薬】

AGA治療薬 育毛剤① 育毛剤②
プロペシア&ミノキシジル 育毛エッセンス「deeper 3D」 育毛剤チャップアップ
プロペシア&ミノキシジルならAGAスキンクリニックが業界最安値。 スカルプケアは成長因子の時代に突入。育毛エッセンス「deeper 3D」
髪が乾いた状態で使えるのが便利。医薬部外品の育毛剤チャップアップ



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ