プロペシアの副作用 ポストフィナステリドシンドロームについて

ポストフィナステリドシンドローム

ポストフィナステリドシンドロームとは?

ポストフィナステリドシンドローム(PFS)はプロペシアの主成分であるフィナステリドによる副作用の1種です。

プロペシアにはいくつかの副作用リスクがありますが、ポストフィナステリドシンドローム(PFS)はプロペシアを飲み終えた後(服用中止後)も副作用が続いてしまう後遺症のことです。



プロペシアはAGA治療で必須の薬

プロペシアは医学的に効果があると認められ、推奨されているAGA治療薬です。

AGAはテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンとなってしまうことで起こります。

ジヒドロテストステロンがまだ抜ける段階にない髪にまで誤ったシグナルを発して抜け毛にしてしまうのです。

プロペシアはジヒドロテストステロンが発生しないように、テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことを阻害します。

AGAの原因物質を作らせずに根本原因を防ぐのがプロペシアの効果です。

プロペシアには副作用がある

nodo
私もプロペシアを7ヶ月飲みました。

プロペシアの効果は体験済ですから、副作用リスクがあるとはいえ、AGA治療には欠かせないものだと思います。

プロペシアの副作用は全員に起こるのではなく1~5%程度といわれています。

1~5%は大きな数字ではありませんが、副作用が起きることを考えてAGA専門病院で医師から処方してもらいましょう。




ポストフィナステリドシンドロームの症状

ポストフィナステリドシンドロームはプロペシアで起きた副作用が継続してしまうことですから、症状はプロペシアの副作用と同じです。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • ペニスの委縮
  • 抑うつ症状
  • 疲労感
  • 睡眠障害

ポストフィナステリドシンドロームは永久的に続くのではなく、一定期間で収まってくるケースが多いようです。




ポストフィナステリドシンドロームの起きる可能性

プロペシアの副作用が1~5%の人に起きるといわれています。

ポストフィナステリドシンドロームは副作用が起きた人の数%といわれていますので、ポストフィナステリドシンドロームになってしまう可能性はAGA治療でプロペシアを飲んだ人×1~5%×数%ということですね。

私自身、AGA治療前のカウンセリングで「2~5%の人が副作用を感じる」と説明を受けました。

その時は『副作用が起きたら止めればいいか』とノー天気に、前向きに、考慮の上で決めました。



ポストフィナステリドシンドロームへの対策

ポストフィナステリドシンドローム自体がまだわかっていないことが多いのが現状です。

プロペシアを飲んでいて副作用を感じたときもそうですが、まずは医師の診察を受けるべきです。

ネットでは多くのブログで解説している方もいますが、ほとんどが素人が匿名で書いていることです。

医学的根拠、最新事例などがあるわけではなく、責任も持って書いているわけでもありません。

かならず専門医に相談しましょう。

当ブログではAGA治療は専門のクリニックで行うことを推奨しています。



おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。


button_006


button_005




AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。


button_006


button_005




おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!


button_006


button_005


サブコンテンツ

このページの先頭へ