病院やクリニックによってAGA治療薬の料金が違う理由

【質問】病院やクリニックによってAGA治療薬の料金が違うのはなぜですか?

ryoukin

『AGA治療をする病院選びは幾つかカウンセリングを受けて決めた方が良い』と聞いたので、近所の皮膚科とAGA専門クリニック2軒に行ってみました。
3軒ともにAGA治療薬の料金が違っていましたが、病院やクリニックによってAGA治療薬の料金が違うのはなぜですか?

A. AGA治療や保険適用外の自由診療だからです。

通常は病院での治療は健康保険などが適用され、患者は治療費の3割を自己負担するだけで済みます。

この保険が適用される治療は全国一律で料金が定められています。だからどこで診察・治療を受けても料金は同じなんです。

しかし、AGA治療は保険適用外になるので料金は一律ではありません。

価格の比較は病院選びの重要なポイントになりますね!


AGA治療薬の価格競争

AGA治療が一般的になってきて、AGA専門クリニックも増えてきました。

AGA治療もやっている皮膚科と、AGA専門のクリニックの価格差が出るのはある意味競争原理で言えば当然です。

最近はTVなど多額の広告宣伝費をかけるクリニックも出てきましたので、なおさら集客を強化するために、AGA治療薬の価格競争が激しくなっていますね。

私たちAGA治療患者にとっては治療費が安くなるのは大歓迎ですが、なぜ安く提供できているのか理由は知っておいた方がいいですよ。


安さの理由①:ジェネリック薬品を処方している場合

ジェネリック薬品をご存知でしょうか。
新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分・効き目薬のことで、特許が内部に安く処方されます。

AGA治療薬でもジェネリック薬品があり、同じ効果ですからジェネリック薬品を処方することでAGA治療薬を安くすることができます。

プロペシアにはフィンペシア、ファイザーなどのジェネリック薬品が出ていますが、ミノキシジルにはジェネリック薬品はありません。



安さの理由②:院内調剤(院内処方)している

病院のすぐ近くに小さな薬局がありますよね。調剤薬局と呼ばれます。
診察を受けた病院で処方箋を貰い、その処方箋を調剤薬局に持っていくことで薬を受け取ります。

これに対して、診察を受けた病院(院内調剤)でお薬を受け取ることを院内処方といいます。

院外処方よりも院内処方は2割~5割安くなると言われています。

AGA専門クリニックの多く院内処方(院内調剤)にすることでコストを抑えています。


安さの理由③:一括大量仕入れ

AGAスキンクリニックさんは全国49院のクリニック分のフィナステリドやミノキシジルを大量に発注することでコストダウンを可能にしているそうです。

 ⇒AGAスキンクリニックさんの治療料金


aida18



コースやセットなどで単純比較はしにくい場合も

クリニックによっては独自のコース名がつけられている場合があります。

たいていはプロペシアやミノキシジルのほかにビタミンなどがセットになっています。

クリニックによっては年間コースなど期間の縛りがある最低料金を出すこともあります。
安さは魅力ですが、長期間契約はあまりオススメしません。

また、最安値表示が初回のみの場合もあります。
AGA治療は最低でも半年は続けることになると思いますので、総額で計算しておいた方がいいですね。

単月ならAGA治療薬の最安値は毎月5,500円~AGAヘアクリニックさんだと思います。

AGA治療薬単体の料金が分かりにくかったり、ホームページに載っていない場合が多いですが、そんな時はカウンセリング時にズバッと単体料金を聞いちゃいましょう。





【AGA・薄毛治療をするなら!おすすめAGA病院ランキング】

1位:AGAスキンクリニック 2位:AGAヘアクリニック 3位:アゲインメディカルクリニック
aga1 aga2_agahair aga3
プロペシア&ミノキシジルならAGAスキンクリニックが業界最安値。 TV電話診察で時間と交通費削減&単月治療薬最安値AGAヘアクリニック 髪が生えなかったら返金保証制度のあるアゲインメディカルクリニック



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ