食事でAGA・薄毛対策をする方法

食事でAGA・薄毛対策をする方法

食事でAGA・薄毛対策をする方法

私自身は何かを我慢したり制限されるのが大嫌いでして、薄毛が深刻な状況だというのに髪に良い食事対策というのをしませんでした。
 ⇒抜け毛予防に食事対策はしなかった(私のAGA・薄毛対策)

そんな私が言うのもなんですが、食事にも気を使って抜け毛予防や薄毛対策したほうが良いに決まってます。
食事対策でまず抜け毛を減らす効果が期待できますし、発毛しやすい環境もつくれますからね。

AGAは男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼ(酵素)と結びついたDHT(ジヒドテストステロン)が原因ですが、AGA治療を行うにしても頭皮を健康な状態に保てば、より効果が見込めます。

今日は食事でAGA・薄毛対策をする方法についてまとめてみます。



食生活と栄養バランスの乱れによる影響

抜けにくい強い髪にする。髪を生やす。ともに髪にしっかりと栄養が行き渡っていることが大切です。
育毛剤を使うことで体の外から髪に栄養を与えることもできますが、量的に限界があります。やはり基本は食事からの摂取です。

普段からよほど気を付けていない限り、食生活は不節制になりがちです。特に抜け毛が増えたと実感されている方、思い当たることはありませんか?

  • 脂っこい食事やインスタント食品が好きで、よく食べる。
  • 肉が好きで野菜をほとんど食べない。野菜が不足している。
  • 好き嫌いが多く、バランスの良い食事ができていない。

一番の問題はやはり脂っこい食事ですね。
インスタントや肉食中心になると血液がドロドロになると言われます。すると、栄養が髪にまで届きにくくなってしまうんですね。
栄養が十分に届かないから、弱い毛になってしまうい抜けやすくなってしまう訳です。

一人暮らしだったりすると、外食やコンビニ弁当などが増えてしまいがちですが、髪の為には少し摂る食品に注意したほうがいいですね。


food2

髪に良い摂るべき食品・栄養素

どんな食品を取ればいいかといえば、髪をつくったり髪の成長に必要な食品・栄養素を重視すべきです。

タンパク質

まずは髪の主成分であるたんぱく質です。
肉、魚、卵、大豆、牛乳などに含まれていますが、体重が気になる人は高タンパクで低カロリーの食品を意識的に摂るといいと思います。
代表的なものといえば、鶏の胸肉や豆腐です。
鶏は皮をとったり、豆腐も揚げだし豆腐などではなく冷ややっこなどですよ。

亜鉛

亜鉛は食事によって吸収した栄養素でケラチン(タンパク質)を合成し、髪をつくる働きがあります。
逆にこの亜鉛が不足すると、強い髪にならなくて、細く抜けやすい毛になってしまいます。

亜鉛は身体の中で作り出すことができなくて、牡蠣やレバー、チーズ、卵などの食事から摂取するしかありまえん。亜鉛のサプリメントが良く売れているのは、効率よく摂取する為なんです。

ビタミンB2・B6

ビタミンは頭皮環境を整えるはたらきがあります。
特にビタミンB2・B6は毛母細胞を活動を活発にし、髪の毛の成長を促進してくれます。
レバーや青魚、ナッツなどに多く含まれています。



バランスの良い食事をつくるのが難しい場合

いざ書いてはみたものの、よほど料理に自信のある人や協力してくれる人がいないと、なかなか難しいのが現実ですね。
毎日の食事だからこそ、こだわりだすと困難に感じる方も多いと思います。

手っ取り早く食事(栄養)でAGA・薄毛対策をするなら、サプリメントがオススメです。場所を選ばず、時間もかからず、簡単で、コスパも良い。
今は普段の食事で不足しがちな栄養素をサプリメントで補う方も少なくありません。


【過去の育毛サプリメント記事】



育毛サプリはチャップアップサプリプランテルサプリなど幾つかご紹介していますが、私の友人も飲んでいる育毛サプリGUNGUN(ぐんぐん)などがいいですね。






【AGA・薄毛治療をするなら!おすすめAGA病院ランキング】

1位:AGAスキンクリニック 2位:ヘアメディカル 3位:アゲインメディカルクリニック
aga1 aga2 aga3
プロペシア&ミノキシジルならAGAスキンクリニックが業界最安値。 一人ひとりの症状や治療経過に合わせた600パターン以上のオリジナル処方薄毛治療のヘアメディカル 髪が生えなかったら返金保証制度のあるアゲインメディカルクリニック



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ