AGA治療で後頭部に髪が生える経過のまとめ

最も薄毛だった後頭部に髪が生えてくる様子

髪が生えた!私の薄毛治療・AGA治療法にも書いてありますが、私が薄毛に悩んでいたのは主に後頭部です。

気付けば(というより自分に嘘がつけなくなって)見てみれば地肌が透けて見えてしまう薄毛じゃなくてハゲだろってくらいになってしまっていました。

back_before

この状態ですから隠しようがありません。
思えばここで現実を直視し、AGA治療にかけてみようと決めたのです。
今見ても我ながらキツイですね。


AGA治療開始前の後頭部の写真

後頭部の薄毛状況

写真は2014年3月6日の様子です。
院長先生は写真を撮る時には髪を掻き分けて撮ってくれていました。
AGA治療を始める1回目の診察時ですが、モニターに映された自分の後頭部をなんだか他人の頭を見ているような感覚だったのを覚えています。
この時点では希望も何もありません。


AGA治療開始一ヶ月後:初期脱毛が起きている時

後頭部の薄毛状況

写真は2014年4月3日の様子です。
初期脱毛で髪が抜けたのがはっきり分かりますね。
よりはっきりと地肌が見えるようになってしまっていました。

治療開始前の写真と並べて表示してもらい「先生、AGA治療を始めたのに、逆に髪が薄くなってますよね?!」と院長先生に泣きついてましたね。
これからAGA治療を始める人は、初期脱毛があると覚悟しておいてください。


AGA治療開始三ヶ月後:少し髪が生えてきた気がする

back_20140529

写真は2014年5月29日の様子です。
初期脱毛でさらに薄くなって地肌がもろに見えていましたが、AGA治療を始めて三ヶ月たった時にはうっすらとですが毛が生えてきている感覚がありました。

写真を見比べてみると、発毛しているのがわかります。
このころから、次の診察で後頭部の写真を見比べるのが楽しみになって来ていました。


AGA治療開始五ヶ月後:ミノキシジル&プロペシアの発毛効果を確信

back_20140724

写真は2014年7月24日の様子です。
あれだけ薄かった後頭部(つむじ周辺)にどんどん髪が生えてきたのが分かります。

本当は副作用にビビってましたけど、プロペシアとミノキシジルを飲むことで発毛効果を実感しました。


AGA治療開始八ヶ月後(通院終了時):AGA治療薬をやめる

back_20141030

写真は2014年10月30日の様子です。
発毛効果を強く感じた五ヶ月からさらに二ヶ月後です。
完全に薄毛が改善されたと自信が持てたので、ここでプロペシアとミノキシジルを飲むのをやめました。

「薬を飲むのをやめたら、また薄くなってしまうのではないか」と心配もありましたが、薄くなったらまた薬を飲んで髪を生やせばいいと考えるようにしました。
ここから主にDeeper3Dで髪の維持を図ります。



AGA治療薬をやめて約1年経過:今の後頭部

back_20151025

ミノキシジルを飲むのをやめて、約1年経過した10月25日の後頭部です。

AGAは体質なので、完全に治すことはできません。
本来ならばプロペシアとミノキシジルを飲むのをやめたのでAGAが再び進行し、薄毛になっていてもおかしくありません。

現在の私はちゃんと髪を維持できています。
プロペシアやミノキシジルは飲んでいません。
AGA対策として使っている育毛剤の効果と言えるでしょう。



私にとって効果のあったDeeper3D

結果が出ています。
主にdeeper 3Dを使い続けてきて、髪が維持できています。

deeper3D
実際に使って感じた育毛剤実力ランキングではDeeper 3Dを1位にしています。
価格は多少高くても自信を持ってオススメするその理由は写真を見てお分かり頂けるように結果が出た育毛剤だからです。
 






↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ