AGA治療をやらない理由(前編)

AGA治療をやらない理由

AGA治療をやらない理由(前編)

日本人男性の3人に1人がAGA(男性型脱毛症)になるといわれています。

多くの人が薄毛で悩んでいますが、AGA治療をすることで8~9割の人は髪を生やすことができると思います。

私自身もAGA治療で後頭部スカスカで地肌が見えている状態から、9ヶ月で薄毛を改善できました。

AGA知竜期間:8ヶ月


AGA治療といってもプロペシアやミノキシジルなどの錠剤を毎日1錠ずつ飲むだけです。

こんなに簡単で、発毛効果も医学的に認められているのに、なぜAGA治療をしない人がいるのでしょうか。

AGA治療をやらない理由について考察してみます。



理由①副作用が怖い

これは少しわかります。

私はAGA治療を始める前に、いくつものカウンセリングを受けていく中で副作用についても理解はしたつもりです。

 ⇒私がAGA治療の副作用を知った上で治療した理由


性欲減退、勃起不全、頭痛、多毛症などの副作用リスクがありますが、結局は全員に起きるのではなく、AGA治療をやってみないとわからないのです。

私は基本的に楽天家で、『なったらなった時に考える』というスタンスです。

やってみなくちゃわからないことを悩んでも仕方がないし、万が一副作用を感じたらすぐにAGA治療をやめればいいかと楽観的に考えていました。

また、いざ副作用が起きたときにためにも、個人輸入等ではなくAGA専門病院で薬を処方してもらうと決めました。
体調に異変を感じた時に医師にすぐに相談できますし、専門医は経験値が違うと考えました。


AGA治療薬を個人輸入で購入することについて

個人輸入等でAGA治療薬が安く手に入るのは魅力ですが、品質と安心感を考えれば絶対に国内の専門医だと判断しました。

結果として副作用を自覚することなく、医師に副作用について相談したこともありませんでした。

副作用を「平気平気」などと簡単に煽るつもりはありません。
私は万が一の時に準備をし、リスクを最小限にしてAGA治療をしました。

ただし、子づくりの計画がある人などAGA治療薬は厳禁です。錠剤を女性が触ることでも影響がありますので、子づくりをする方はAGA治療は一時あきらめてください。




理由②AGA治療が恥ずかしい

AGA治療をブログで進めている私も、友人にはAGA治療のことは明かしていません。
だってなんか恥ずかしいし。

治療ですから恥ずかしいことじゃないと言われても、「あいつハゲ治療したらしいよ」とか言われたくないです。

AGA治療はちゃんとした医療行為ですが、周りの人は絶対ネタ的にいじってくるに決まってます。

誰にも知られたくない気持ちはよくわかります。
ですから誰にも言わなければいいんです。

それ以外の恥ずかしさなんてはっきり言って勘違いですよ

病院に入るのが恥ずかしい

誰も誰がどこに行くかなんて気にしてません。
特にビルの中にある場合は、どこに入ったのかなんてわかりませんよ

受付や医師の人に話すのが恥ずかしい

相手はそれが仕事です。同じように薄毛で悩んでいる人を毎日毎日相手にしています。
その医師やカウンセラー、受付の方が笑うと思いますか?

待合室で見られたら恥ずかしい

AGA専門病院に来ているということは同じく髪で悩んでいるんですから。
最近は診察は完全予約制で個室なので、他人に会うこともありませんよ。


それでも恥ずかしいのは嫌だという方は、スマートフォンのTV電話で相談から診察まで通院せずにAGA治療を受けることができます。

AGAヘアクリニックさんはTV電話での診察後、処方されたAGA治療薬も宅配してくれるます。



おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。


button_006


button_005




AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。


button_006


button_005




おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!


button_006


button_005


サブコンテンツ

このページの先頭へ