AGA治療薬の服用をやめるとリバウンドしてしまうのか?

AGA治療薬を中断するとまた髪が抜けてしまう

AGA治療薬を中断するとまた髪が抜けてしまう

AGA治療薬(プロペシアやミノキシジル)は飲むだけで抜け毛が減り、髪が生えてきます。

私のようにAGA(男性型脱毛症)で悩んでいた多くの人を救う凄い薬です。

しかし、AGA治療薬の服用をやめるとリバウンドしてしまうのでしょうか。

結論:AGA治療薬を飲むのをやめるとリバウンド(再び抜け毛が増えて薄毛になること)してしまいます。




なぜリバウンドしてしまうのか

AGA(男性型脱毛症)になるかどうかは遺伝的要素がある体質的なものです。

体質的なものですからAGA治療薬を飲んでも完治することはありません。

これを理解していただきたいので、AGAになる仕組みを少しご説明します。


AGAで抜け毛が増える仕組み

AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼが結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)になることが原因です。

ジヒドロテストステロン(DHT)と男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)がくっつくと髪のサイクルを乱し、まだ抜ける段階にない髪にまで脱毛シグナルを発してしまうことで抜け毛となり、髪が薄くなってしまうのです。


AGAになる体質(遺伝的要素)

AGA(男性型脱毛症)になる人は5α-リダクターゼが多い、または男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性が強いという遺伝的要素がある体質なのです。

AGAになる人は父親や兄弟、祖父など家系的にも薄毛の人が多いのはこの為です。




AGA治療薬の効果と服用をやめたとき

AGA治療薬はAGA自体を完治させるのではなく、AGAが進むのを防ぐはたらきがあります。

AGAを食い止め、正しい髪のサイクルに戻す効果があります。

しかし、AGA治療薬の服用中断すると、再びAGAが進行してしまうのです。


プロペシアの効果

AGA治療薬であるプロペシアはテストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを阻害するはたらきがあり、ジヒドロテストステロン(DHT)ができないようにします。

これによりAGAの進行を食い止めることができます。

プロペシアの服用を中断すると、再びテストステロンと5αリダクターゼが結びつき、ジヒドロテストステロンが生成されてしまいます。

つまり再びAGAによる抜け毛が増えてしまうのです。


ミノキシジルの効果

ミノキシジルは血流改善することで毛母細胞活性化させ、発毛を促進します。

服用をやめればこれらの効果もなくなり、AGAによる抜け毛の数>>>発毛スピードとなり、AGAによる薄毛が進行してしまいます。



AGA治療薬を中断してもすぐに影響が出るわけではない

プロペシアやミノキシジルを飲むのをやめても、すぐに抜け毛が増えてしまうわけではありません。

AGA治療をやめる相談をした際に医師に聞いた説明ですが、AGA治療薬を中断した影響でAGAが再び進行するのを自覚できるのは「身体の中から薬の成分が抜けた3ヶ月以降から」だそうです。

AGA治療薬をやめて1ヶ月程度で影響ないなんて油断しちゃだめですよってことです。




AGA治療薬は永遠に続けなくてはならないのか

AGA治療薬を中断するとリバウンドしてしまうのはご理解いただけたと思います。

ではAGAになる人は永遠にプロペシアやミノキシジルを飲み続けなくてはならないのでしょうか?

答えはNO!です。


禿げても気にならなくなったら

もう禿げてもいいやと思えたらAGA治療の必要はないのです。

人によっては結婚が機会だったり年齢によって「もういいや」のタイミングがあると思います。

男の美学的に死ぬまで髪がほしいという人もいると思いますが、ジジイがハゲてても誰も気にしませんからね。



薄くなったらまたAGA治療を始めればいい

私これです。

AGA治療でしっかり髪を生やしたら、中断するつもりでした。

プロペシアやミノキシジルは凄く効く薬ですが、副作用リスクがあるのも事実。

ずっとリスク抱えてやるつもりはなかったので、最初から髪が生えたら一度やめようと決めていました。

もしAGAが進行してまた薄くなったら、またAGA治療薬を飲めばいいんですよ。



育毛剤で維持に挑戦中

私はAGA治療薬をやめる際に、再びAGAが進行してしまうのはわかっていましたので育毛剤でなんとか現状維持できないか挑戦中です。

フィンジアを使っていますが、今のところ髪は維持できています。

finjia3

 ⇒育毛剤フィンジアで髪の維持に成功!効果を実感



AGA治療薬の止め方

私はAGA治療薬をやめる時に医師に相談しました。

その際に受けたAGA治療薬を中断するときのアドバイスをご紹介します。


いきなりやめずに濃度と服用回数を調整

いきなり服用をやめるのではなく、段階的に薬を減らしていくのがよいそうです。

薬の濃度を下げて処方してもらったり、飲み回数を毎日から2日に1回に変えるなどの方法があります。

より詳しくは下記の記事をご覧ください
 
 ⇒AGA治療薬(プロペシア・ミノキシジル)はいつまで続けるのか?


必ず医師に相談

当時の医師からは私の治療経過から体質的な薬の効きやすさ、発毛のスピードなども照らし合わせながら、プロペシアとミノキシジルをどのようにやめていくかのアドバイスをもらいました。

個人差があることなので、AGA治療の経過を見てきた医師に相談すべきです。

客観的な意見も貰えると思います。

こういった点も個人輸入ではなく、AGA専門のクリニックでの治療をお勧めする要因です。



おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。


button_006


button_005




AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。


button_006


button_005




おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!


button_006


button_005


サブコンテンツ

このページの先頭へ