2018年7月15日の頭皮状況報告と育毛の都市伝説調べてみた

AGA治療日記

いよいよワールドカップもこのあとの決勝戦を残すのみです。

楽しみすぎるのですが、今日は朝から娘とプールに行ってきたので疲労困憊。

娘も大きくなって一日遊び体力がついてきました。

今までは午後の早い時間には帰って来たのに、目いっぱい遊んできますのでこちらが疲労困憊です。

これから少し仮眠して観戦に備えます。

20180715

平成30年7月豪雨緊急災害支援募金

広島、岡山など13府県で多くの被害を出した7月の豪雨災害への募金がTポイントでも可能です。

以前も台湾東部地震の時にご案内しましたが、私も少ない金額ですが募金させていただきました。

kifu

やらない善よりやる偽善。

某TV局の24時間番組には出演者のギャラ等を考えると募金する気になりませんけどね。

今日本で災害にあって困っている人がいて、警察・自衛隊・消防隊も必死に救助復旧活動を続けています。

このブログを見たのも何かの縁。

お気持ちあれば。

いやな方はスルーで。

 ⇒平成30年7月豪雨緊急災害支援募金(Yahoo!基金)



育毛に関する都市伝説

なんら根拠はないけど定説のように言われている育毛関連の情報。

本当なのかどうなのか、育毛の都市伝説2つ調べてみました。

白髪の人はハゲない

まずこれは私自身が身をもって立証していますので、都市伝説でもなんでもありませんけどね。

白髪でもハゲますよ。私は若いころから白髪ありましたがハゲたし。

私も自分がハゲるまでは『白髪の人はハゲない』と根拠なく信じていましたので騙されました。

むしろ被害者ですよ。噂流したやつ出て来い。

髪の色は毛根で作られるメラニン色素の量で決まります。

メラニン色素が作られなくなると黒でなく透明な髪になり、光が反射して白く見えるのです。

私がハゲになったAGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロンに変わり、髪のサイクルを乱すために起こります。

原因がまったく違いますから私のように同時に起こる可能性もあるわけです。

結論:白髪でもハゲる可能性はある


性欲や体毛が濃いとハゲやすい

性欲が強い人や体毛が濃い人は男性ホルモンが多いといわれます。

AGAは男性ホルモンが原因であることから両者を結びつけ、男性ホルモンが多いからAGAになりやすいという誤解から生まれたもののようです。

AGAになりやすいかどうかは男性ホルモンの量ではありません。

AGAの原因となるジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種が変化したものですが、ジヒドロテストステロンに変化しやすいかどうかは個人差があるようです。

つまりジヒドロテストステロンに変化しやすい人がAGAになる(ハゲになる)ということで、男性ホルモンのは関係ないんですね。

結論:ハゲやすいかどうかは性欲や体毛の薄さではわからない



おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。


button_006


button_005




AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。


button_006


button_005




おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!


button_006


button_005


サブコンテンツ

このページの先頭へ