2019年4月7日の頭皮状況報告と【AGA治療体験談】頭が剥げてきたからAGA治療を受けた

AGA治療日記

穏やかな天気で花見日和でした。

朝から弁当持って、近所の花見のできる公園へ。

物凄い人でしたが、無事場所も確保してゆっくり花見を楽しめました。

20190407

普段仕事ばっかりで、家には寝に帰ってくるような生活ですが、こういった時間は幸せ感じますね。

ちなみに今日は私のような仕事ばっかりしてた人のAGA治療お体験談ご紹介します。



【AGA治療体験談】頭が剥げてきたからAGA治療を受けた

自分が50代の時に仕事がむちゃくちゃ忙しくて、睡眠時間も一日3時間ぐらいで休みも取らずに働いていました。

当然体に異変が出てきて、頭の毛が少しずつ抜けてきて、朝起きて鏡を見たら頭のてっぺんが毛が少なくなり頭皮が見えてきたのです。

これはやばいとすぐに岡山駅前のAGAクリニックへ行きました。

若い先生でしたが親切に問診をしてくれて「まずは生活習慣を改善してください」と言われ会社には今の仕事を変えてくれと言いました。

配置先は前より楽でしたが、いわゆる出世コースから外れてしまいました。

妻に言うと体のほうが大事というので助かりました。

先生が言うには飲み薬がありますから飲んでから様子を見ましょうと言われ飲みました。

フィナステリド(プロペシア)とミノキジルを飲むことでした。

厚生省も脱毛に有効性を認めると説明がありました。

この二つの薬は市販されておらず処方箋が必要です。

ここでちょっと疑問なのですが、髪が抜けたのは激務による睡眠不足や過労が原因なのでしょうか?
AGAは男性ホルモンの影響ですから、根本的な理由が違います。(もちろん生活習慣を改善したほうが頭皮環境に良いことは分かっていますが)
 
上記の状況でいきなりAGA治療薬を処方するのが正解だったんでしょうかね?
医師の判断ですから、体験談に書かれていない事でAGAと判断する要因があったのだと思います。


AGA治療薬の副作用

少し飲み続けたところかなり改善されてきました。

しかし副作用もあります。

男性にはキツイことですが性欲が低下するのです。朝立ちが弱くなるのです。
辛いですね

奥さんの理解と協力が必要です。

会社の同僚はレスになったら奥さんに浮気をされたそうです。

それだけ効果がありますから個人判断でネットで海外から薬を購入して飲んでいたら大変なことになります。

他の副作用では体毛が濃くなる、血圧が下がる、むくみが出る、動機が出て心臓に負担がかかる、頭痛、倦怠感などがあげられます。

ですから心臓病や血圧が低い人などは辞めたほうがいいみたい。

AGA治療薬の副作用は人によって重さが異なります。副作用が出るのは2%程度と聞いたこともあります。
私のように全く自覚症状がなかった場合もあります。
 
副作用(体調の異変)を感じたら、すぐに医師に相談して判断を仰ぎましょう。
AGAクリニックの医師は適切な対処方法を教えてくれます。



サプリメントも使用

一番大事なのは毛を育てる栄養素を確保することです。

その為に専用のサプリメントがあります。アミノ酸と亜鉛が入ったミネラルの市販のサプリがお勧めです。

以上の方法で効果がない時は育毛メンセラピーを頭皮に注射します。

1回7万円しますから大金ですからそれまでにほとんどの方は頭髪がはえてくるそうです。

サプリメントはAGAクリニックによってはセットで勧められますが、はっきり言って必要ありません。
まずはプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルのAGA治療薬だけで十分だと思いますよ。




おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。


button_006


button_005




AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。


button_006


button_005




おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!


button_006


button_005


サブコンテンツ

このページの先頭へ