AGAカウンセリング体験談:ハゲだけはなんぼ悩んでも治らない

周りの人と髪の量を比較してしまう

正直な話ですよ。私は悩んでいました。
街中に出れば、ひたすら街ゆく人の頭皮状況をみてしまいました。

自分より年上そうな方の禿げ上がった頭をみて「明日は我が身」と震えました。
一方、自分より若そうで薄毛の方を見れば「あの人には『勝ってる』」などと優越感に浸ることもありました。本当に性格が悪いと思います。

kuraberu

こうでもしなければ自分がハゲているという事実から逃避できませんでした。
しかし、いくら他人と比較(無意識に自分よりハゲが進行している人を探しちゃいます)して優越感に浸っても、自分のハゲが治るわけではありません。
家に帰れば完全なおハゲさんが鏡に写っているわけです。

鏡に映る自分の頭を見て薄毛を確認

こればかりはどうしようもありません。
鏡を見るだけでストレスが溜まってしまいました。

毎日抜け落ちていく髪をみて、私は自問自答を繰り返しました。
「ハゲたくない。でも医者に行くのは恥ずかしい」と。
それもまた大きなストレスでした。
 
ある日、私は鏡にうつる自分をみて愕然としました。
昨日より明らかにハゲている気がしたのです。

AGAカウンセリングを受ける転機

これはやばいと感じ、もう恥ずかしいとか言っていられないと思いました。
そこで私はAGA専門の医者に駆け込みました。
結論から言います。知るは一瞬の恥、知らぬは一生の恥というやつでした。

AGAを専門にしている医者によるカウンセリングだけでもかなりストレスは軽くなりましたし、実際に薬も処方していただけます。

AGAの無料カウンセリングとして専門医に行くメリットの一つが「相談相手」ができることです。
AGA・薄毛の真剣な悩みを笑ったりしないし、適当に話を聞くなんてこともありません。もう一人で悩んだり不安になることはないのです。
 
しかも、経験豊富で医学的知識のある相手と話をすることは、一人で悩んでいる心理的ストレスを大きく和らげてくますよ。

現在ではストレスも軽減され徐々に生えてきています!!
本当にAGA専門医のカウンセリングを受けてよかったと思います。
もし行ってなかったらと考えると…ゾッとしてしまいます。

悩むだけではハゲは治りませんし、むしろ加速してしまいます!
それこそ「一生の恥」になってしまいますから。
ケアはお早めに!!



↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ