育毛剤の選び方①求める育毛効果から育毛剤を選ぶ

育毛剤の選び方①育毛効果で選ぶ

育毛効果から育毛剤を選ぶ

育毛剤を選ぶ時に何を重視しますか?
価格?成分?口コミ?メーカー?
人それぞれ重要視するところは違うと思いますが、求める育毛効果から選ぶ育毛剤の選び方をランキング形式でご紹介します。


求める育毛効果1:抜け毛を防ぐ

AGA・薄毛治療をする際に、最優先で考えるべきなのは抜け毛を減らすことです。
髪を生やすことばかりに関心が行きがちですが、まずは抜け毛を減らすことで今以上に薄毛が進行する事を防ぎましょう。

必死に髪を生やしても、すぐに抜けてしまう状態では薄毛は改善できません。
例えですが、「穴が開いた風呂桶に水を入れてもしかたがない」ということですね。

抜け毛を防ぐ効果が期待できる成分

AGAによる抜け毛を防ぐなら、悪玉男性ホルモンを生成する酵素5αリダクターゼの生成を抑制する効果がある成分が配合されている育毛剤を選びましょう。

  1. アカツメクサ花エキス

    アカツメクサ花エキスはビオカニン(イソフラボン)を多く含んでいて、悪玉男性ホルモンを生成する酵素5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

     おすすめの育毛剤⇒モンゴ流スカルプエッセンスdeeper 3D


  2. オウゴンエキス

    オウゴンエキスにも同じくAGAによる脱毛の原因となる5αリダクターゼの生成を抑制する効果があります。

     おすすめの育毛剤⇒天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>




求める育毛効果2:発毛促進・髪を生やす

抜け毛を防ぐことを守りとするならば、髪を生やすのは攻めです。
守ってばかりでは勝てません。髪が薄くなった以上は、新たに髪が生えなければ薄毛は改善したとは言えません。

血行を促進させたり、毛母細胞を活性化させることで発毛を促す成分に注目しましょう。

髪を生やす効果が期待できる成分

髪を生やす効果があるといえばミノキシジルですが、副作用があります。
ミノキシジルに替わる効果が期待でき、かつ副作用のない成分が配合されている育毛剤を選びましょう。

  1. キャピキシル(アセチルテトラペプチド-3)

    キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされ、その効果が試験結果で明らかになっています。

     おすすめの育毛剤⇒モンゴ流スカルプエッセンスdeeper 3D


  2. M-034(北海道ミツイシコンブ由来エキス)

    海藻(コンブ、もずく、ワカメなど)のネバネバ成分から抽出したエキスで、ミノキシジルと同等の育毛パワーがあると言われています。

     おすすめの育毛剤⇒天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>チャップアップ


  3. センブリエキス

    センブリという薬草から抽出したエキスで、血行を促進する効果がある成分です。その効果から非常に多くの育毛剤に配合されています。

     おすすめの育毛剤⇒チャップアップ




求める育毛効果3:頭皮環境を整える

頭皮に栄養をしっかりと補給し、頭皮環境を整えることは髪が抜けにくく、生えやすい環境にするということです。
具体的には抗炎症作用成分、保湿成分などです。

また、香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・合成ポリマータール系色素・動物性原料・酸化防止剤・シリコンなどの頭皮に悪影響があると言われる成分を使用していないことも合わせてチェックが必要です。



求める育毛効果から選ぶ育毛剤ランキング

今まで見てきた「抜け毛を防ぐ」「発毛促進・髪を生やす」「頭皮環境を整える」これらの効果が期待できる成分から選んだ育毛剤ランキングです。

  • モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D

    Deeper3D


    最も効果が期待できる育毛成分キャピキシルを5%配合し、さらに髪の毛の生成に大きく関わっている毛母細胞に影響を与える8種類の成長因子を配合しています。



  • 天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

    無添加育毛剤イクオス


    M-034(北海道ミツイシコンブ由来エキス)、オウゴンエキス、センブリエキスが配合されている育毛剤の中で最安値。さらに無添加・無香料・無着色と徹底して安全へもこだわっています。



  • チャップアップ

    育毛剤チャップアップ


    発毛の専門医が推奨しています。あの有名育毛剤ブブカとほぼ同じ成分ながら、定期便なら半額以下という優れたコストパフォーマンス。





  • ↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

    にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ